早漏に効く治療薬、ダポキセチン

早漏にお悩みの方、ダポキセチンという治療薬は射精感を減退させる効果があります。早漏に関する薬はいろいろ出ていますが、ダポキセチンを試してみてはいかがでしょうか?

ダポキセチンとデパスの同時服用のコツ

ダポキセチンとデパスの同時服用は、精神科医などの指導が必要となりますが、SSRIの薬と抗不安薬は同時に処方されることが多いので飲み合わせには問題ありません。早漏を克服するコツはセックスに対する不安や緊張を減らすことなので、デパスを服用することで、不安を取り除くことができて、早漏に対する心配も減らすことができます。SSRIの薬も不安や緊張をほぐす作用がありますが、ダポキセチンは、射精の時間を長くするために服用するので、デパスほどの効果はありません。早漏の原因は、セックスの経験が少ないことによる恐怖心や不安、緊張などですが、信頼できるパートナーとのセックスをしていると、平均的な射精時間に近づきます。EDや早漏はペニスに対する不安を意識することで引き起こされることもあるので、少量のアルコールなどを摂取して、リラックスした気持ちで性行為が出来るようにすると克服することができます。またED治療薬として、ダポキセチンを服用するときは、勃起改善薬を同時に服用すると射精時間が長くなっても、ペニスの勃起状態を維持できるようになるので、世界的にも同時に服用するのが一般的になっています。挿入時間は7分程度が一般的ですが、ダポキセチンを服用すると、興奮が抑えられるために、射精するまでにかなりの時間が必要になります。挿入時間が長すぎると疲労がたまって、ペニスに流れる血液の量が減少するので、勃起が維持できなくなります。この状態を防ぐために、勃起改善薬を服用する人が増えていて、現在ではSSRIと勃起改善薬のどちらの作用も持つ薬が開発されています。日本ではインド製のジェネリック医薬品を購入するには個人輸入を利用するしかありません。