早漏に効く治療薬、ダポキセチン

早漏にお悩みの方、ダポキセチンという治療薬は射精感を減退させる効果があります。早漏に関する薬はいろいろ出ていますが、ダポキセチンを試してみてはいかがでしょうか?

ダポキセチンと指で塗れる塩酸ジブカインの違い

ダポキセチンは早漏を予防するための飲み薬で、セックスをする1時間前に服用するだけで、射精の時間を3分程度長くすることができます。塩酸ジブカインは、局所麻酔の成分なので、かゆみ止めなどの軟膏に含まれています。指で塗ることができて、副作用もないことから早漏予防のために使用されることもありますが、かゆみ止めとして使用するために開発されたものなので、早漏予防効果に関しては、専用の塗り薬のほうが効き目が強いとされています。早漏は、基本的には精神的なストレスが原因なので、脳に作用するダポキセチンのほうが予防効果が高いとされています。ダポキセチンはSSRIの薬なので、服用すると気持ちが和らいでリラックスをしてセックスをすることができます。また射精を遅くする作用が強いので、早漏を強力に予防することができます。射精までの時間が長くなりすぎると勃起を維持するのが難しくなるので、勃起改善薬を同時に服用することもあります。勃起改善薬とSSRIの薬は、作用する場所が異なるので、飲み合わせなどの心配はありません。また緊張や不安を取り除いてリラックスすることができるので、充実したセックスをすることができます。世界的にもSSRIと勃起改善薬を同時に服用するのが流行しているので、2つの薬をかけ合わせた薬も販売されています。日本の医療機関では検査などが行われて、薬を購入することができますが、高価なので、一度にたくさんの薬を購入するのが難しいのがデメリットです。日本製のジェネリック医薬品は割安ですが、海外のジェネリック医薬品に比べると価格が高いので、個人輸入などを利用してインド製のジェネリック医薬品を購入するユーザーも増えています。