早漏に効く治療薬、ダポキセチン

早漏にお悩みの方、ダポキセチンという治療薬は射精感を減退させる効果があります。早漏に関する薬はいろいろ出ていますが、ダポキセチンを試してみてはいかがでしょうか?

ダポキセチンは早漏の症状に効果的?体位も工夫

本来持っているパワーを発揮できず、志半ばで倒れてしまう、誰にでも一度はそんなつらい経験があるのではないでしょうか。しかし早漏の悩みは、積極的に対策をしていくことで、乗り越えることが可能といわれています。かつては、快感を麻痺させるような手法が一般的でしたが、現代においてはより画期的な治療方法が存在しています。
早漏の症状に効果的として、今最も注目を集めているのは、ダポキセチンという成分でしょう。ダポキセチンは快感を減らすような作用を持つものではありません。早漏の原因とされている、プレッシャーや興奮、緊張などの心理的な問題を、改善してくれる薬なのです。

ダポキセチンは始め、うつ病の症状を和らげる薬として、開発された経緯があります。うつ病の症状により、脳が緊張状態となることを、防ぐために作られた成分なのです。その作用とは、脳内にセロトニンという神経伝達物質を分泌させるというものであり、これによってリラックス感を得ることができます。うつ病の方に実際に処方されていたのですが、服用した患者から「射精が遅くなった」という報告があり、早漏治療の分野に活かされるようになりました。

快感を損なうことなく、早漏の原因といわれている緊張と興奮をしずめ、射精のコントロールを可能にしてくれる、それがダポキセチンの大きなメリットといえるでしょう。

早漏の症状を和らげるためには、体位などを工夫するのも、効果的といわれています。一般的には、正常位よりも後背位、さらに座位がもっとも早漏を防止できるとされています。体位にも気を配りつつ、ダポキセチンを服用しておくことで、より一層効果的に、早漏の症状を和らげることができるでしょう。