早漏に効く治療薬、ダポキセチン

早漏にお悩みの方、ダポキセチンという治療薬は射精感を減退させる効果があります。早漏に関する薬はいろいろ出ていますが、ダポキセチンを試してみてはいかがでしょうか?

早漏予防薬のダポキセチンと体位とカウンセリング

早漏になりやすいのは、セックスの経験が少ない若者で、女性の扱いに慣れていないせいで性交渉に過大な期待を抱いていたり、勝手な理想を持つことで、実際に性交渉をするときに不安になったり、緊張しすぎて、早漏や勃起不全になります。早漏は一度症状が出ると、セックスに対する不安な気持ちが大きくなって、繰り返しやすいので、気にしないようにすることが大切です。それでも早漏が改善しない場合は、ダポキセチンなどのSSRIの薬を服用したり、局所麻酔成分が配合されたスプレーを使用することで一時的に症状が改善します。根本的な治療を受けるためには精神科などでのカウンセリングが効果的で、セックスに対する考え方や、早漏という病気をどのように受け止めるのかを指導してもらいます。精神的な要因で早漏になっているので、考え方を変えるだけで症状をでなくすることができます。また勃起不全も精神的な要因によって起きている場合には、カウンセリングによって、症状を改善することができます。セックスの体位は様々な種類がありますが、体の作りには個人差があるので、挿入していて負担にならない体位でセックスをするのが良いとされています。自分のパートナーに適した体位を知るためには、反応を見たり、実際に聞いてみることが大切で、自分本位のセックスにならないように気をつけなければなりません。ダポキセチンを服用すると射精までの時間が長くなるので、セックスの時間も長くなりますが、途中で休憩するなどして、お互いの体に負担にならないようにすることが重要で、薬の力を過信してしまうと、心臓に負担をかけることもあります。挿入の長さは、平均すると7分程度なので、5分から10分を目安にすると満足度の高いスキンシップをすることができます。